CAUA

CTC
ACADEMIA &
USERS
ASSOCIATION

イベント

※本セミナーは終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

新型コロナウイルスの流行により、学生のキャンパスライフは大きく変わりました。

授業はオンライン中心となり、対面授業を希望する声も多くありましたが、一方でオンライン授業やe-learningの有効性も見えてきて、アフターコロナではさらに各大学が工夫を重ねていくことでしょう。

大学は学生に授業を履修させることは当然として、学生生活を通じた教師や学生同士の相談、インフォーマルな情報のやりとり、内外との交渉など、学生の能力、可能性を拡大する環境を整えることも期待されています。これまでの対面授業や海外留学を前提に作られてきた学生向けサービスも、オンライン(ハイブリッド)が加わったことにより大きな変化が生まれてきました。これからのキャンパスライフには、学校や教師、システム側の都合だけではなく、利用者(学生や保護者、社会)のリクエストに応える高大接続、大大接続、大社接続のサービスが必要となるでしょう。

オンライン時代のキャンパスライフを充実させるための何か、それを皆様と先進事例を共有しながら考えます。

開催要項

開催日時
2021年8月5日(木)14:30~17:30
開催方法
オンライン(Zoom Webinar)
参加費
参加費無料(事前申込制)
参加対象
CAUA会員
高等教育機関の教職員、大学関係者、産学連携を考える企業担当者
お申込方法
Web:このページ内の「参加申込」ボタンよりお申込ください
eMail:caua-ad@ctc-g.co.jp 宛に「組織名、氏名」をお送りください
主 催
CAUA

プログラム

CAUA FORUM 2021 
オンライン時代のキャンパスライフ 
~ ITが拡げる世界 ~

14:30~14:35

【オープニング】

深澤 良彰 氏(早稲田大学 理工学術院 教授、CAUA会長)

14:35~15:25

【基調講演】

「大学教育のDX推進と課題解決への取り組み」

滝澤 博胤 氏(東北大学 理事・副学長(教育・学生支援))

コロナ禍を契機として、大学教育のデジタルトランスフォーメーションへの期待が高まっている。大変革の時代を生きる学生をどう育てるか、教育・学生支援における取り組みを紹介しながら、転換点にある教育の在り方を考えたい。

15:25~15:55

【講演】

「分散型IDを活用した証明書のデジタル化と課題」

鈴木 茂哉 氏(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授)

デジタルトランスフォーメーションの一環として、国内外で多様な証明書のデジタル化の検討が進められてきている。本プレゼンテーションでは分散ID技術を中心に、大学及びその周辺の動向と活用検討状況を紹介する。

15:55~16:25

【講演】

「学生中心のDXラボによる
香川大学のICT化/DX化の取組について」

八重樫 理人 氏(香川大学 創造工学部 創造工学科 情報システム・セキュリティコース 教授)

香川大学情報メディアセンターは、DXラボを組織した。DXラボは、情報技術を学ぶ香川大学の学生を中心に構成され、香川大学のDX推進に資する業務システムの内製開発に取りくんでいる。本講演では、DXラボの業務システムの内製開発の取り組みを紹介する。

16:25~16:35

休憩

16:35~17:25

【パネルディスカッション】

「オンライン時代のキャンパスライフ」

コーディネータ
西村 浩二 氏(広島大学 情報メディア教育研究センター長 教授、CAUA副会長)

パネリスト(五十音順)

  • 鈴木 茂哉 氏  (慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授)
  • 滝澤 博胤 氏  (東北大学 理事・副学長(教育・学生支援))
  • 八重樫 理人 氏 (香川大学 創造工学部 創造工学科 情報システム・セキュリティコース 教授)
17:25~17:30

【クロージング】

中村 豊 氏(九州工業大学 情報基盤センター 教授、CAUA運営委員)

予告なくプログラム、講師等が変更となる場合がございます。ご了承のほどお願い申し上げます。

CAUA FORUM2021 Extra Edition ~ ソリューションセミナー ~

※こちらもぜひご参加ください

詳細・お申込みはこちらから
https://caua.ctc-g.co.jp/events/2021-forum-ex/index.html

賛助会員広告